2010年02月28日

<R−1ぐらんぷり>あべこうじ優勝 最多3539人参加(毎日新聞)

 ピン(一人)芸人日本一を決める「R−1ぐらんぷり2010」の決勝が23日、東京・台場のフジテレビであり、あべこうじさん(35)=よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属=が優勝した。8回目の今回はこれまでで最多の3539人が予選に参加した。優勝者には賞金500万円が贈られる。【油井雅和】

【関連ニュース】
R−1ぐらんぷり:庄司はミキティ封印宣言 中山は「優勝したけど売れない」とぼやく
R−1ぐらんぷり:中山功太が初優勝 時報ネタで
R−1ぐらんぷり:鳥居みゆき、バカリズムら決勝進出
次長課長:骨折の河本は「元気そう」 吉本東京本部、新宿の小学校に移転

【政論】夫婦別姓 3分の2が違和感…子供の視点を(産経新聞)
<皇太子さま>「楽しんで通学」愛子さま 50歳会見(4)(毎日新聞)
普天間、県内移設を拒否=沖縄知事が示唆(時事通信)
羽田空港濃霧、20便欠航・16便目的地変更(読売新聞)
<幼児虐待>3歳娘暴行死 傷害致死容疑で父親逮捕 福岡(毎日新聞)
posted by カジハラ テルオ at 16:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月27日

強制わいせつ罪で警部を追起訴=弁護人は「潔白」主張−福岡地検(時事通信)

 女性にわいせつな行為をしたとして、福岡地検は24日、強制わいせつ罪で、福岡県警警部新田隆容疑者(50)=別の強姦未遂罪で在宅起訴、休職=を追起訴した。県警は「捜査などの結果を踏まえて厳正に対処する」としている。
 新田容疑者は、機動捜査隊班長だった2006年10月14日未明、同県大牟田市の路上に止めた車の中で、飲食店従業員の女性(31)に覆いかぶさるなどして、わいせつな行為をしたとして今月逮捕された。地検は性犯罪事件であることなどを理由に、起訴内容を明らかにしていない。
 新田容疑者は08年、捜査を通じて知りあった20代女性を福岡市のホテルに連れ込み暴行しようとしたとして逮捕され、いったん嫌疑不十分で不起訴となったが、検察審査会の「起訴相当」議決を受けて、昨年11月に在宅起訴された。
 同容疑者の弁護人は、「潔白であり、極めて不当。公判で無罪が勝ち取れると確信している」としている。 

介護職員処遇改善交付金、2月サービス分の申請期限を延長―厚労省(医療介護CBニュース)
<成田スカイアクセス>7月17日開業予定 都心と空港結ぶ(毎日新聞)
ゲーセンで500万円強奪 東京・練馬(産経新聞)
夜勤装い盗み250件、妻には毎月「給料」(読売新聞)
青い森鉄道の申請許可=全国最長の地方鉄道に−国交省(時事通信)
posted by カジハラ テルオ at 13:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月26日

小林氏の選対事務所維持費、北教組が「丸抱え」(読売新聞)

 民主党の小林千代美衆院議員(41)(北海道5区)陣営に、違法な選挙費用を提供したとして今月15日、札幌地検の捜索を受けた北海道教職員組合(北教組)。2008年12月から提供された現金計1600万円の大半は、月約150万円に上る選対事務所の維持費に充てられていた。

 関係者の証言によると、現金は、北教組トップの委員長(昨年6月死亡)と、ナンバー2の委員長代理が直接渡したといい、2人がどのように調達したのか、その原資にも注目が集まっている。
◆1週間後


 小林氏陣営の実質的な会計責任者で、自治労北海道本部の財政局長も務める男性(46)は15日以降、読売新聞の取材に数回にわたって応じ、北教組から現金を受け取った経緯を証言した。

 それによると、北海道江別市内にある小林氏の選対事務所の維持費が不足し始めたのは08年11月下旬頃。2か月前に事務所を開き、衆院選の準備を始めていたが、衆院解散の見通しが立たなくなったためだった。

 「残額が少なく、どうにもなりません」。男性が、小林氏陣営の選対委員長を兼務していた北教組の委員長に訴えると、約1週間後の12月上旬、委員長から「準備ができた」と連絡を受けた。呼び出されたのは札幌市内の北教組本部の委員長室で、「これ、頼まれたもの」と現金400万円を手渡されたという。

 「カネの出所はとてもじゃないが聞けなかった」

 男性はそう振り返り、資金提供の要請は「自分の独断だった」と強調した。
◆維持費150万


 選対事務所の家賃は月31万4000円。事務機器のリース料(同50万〜60万円)やレンタカー2台分の代金(同十数万円)などを合わせると維持費は月約150万円に上った。

 男性は北教組からの現金をこれらの支払いに充て、その後も事務所の維持費が払えなくなると、2〜3か月ごとに委員長に資金支援を要請。委員長もこれに応じて、さらに2回にわたって400万円ずつを提供したという。

 委員長は昨年6月に心筋梗塞(こうそく)で急死。後任の選対委員長に就いた北教組の委員長代理も同7月、400万円を男性に手渡しており、同月21日に衆院が解散されるまで、約8か月分の事務所の維持費は、北教組が「丸抱え」で負担したとみられている。
◆「調査中」


 北教組は1978年、道内の教職員に主任制度が導入された際、組合員に支給される「主任手当」の返還運動を始め、金融機関などでプールしている返還分は約55億円を超える。北教組は「プールした手当はきちんと処理している」と主張する。しかし、小林氏陣営に渡った1600万円の原資については「組織として調査する」と答えるにとどめ、明確な説明をしていない。

 北海道5区は、民主党と連合北海道が「最重点区」と位置づけ、製パン会社の労組役員だった小林氏の陣営には連合札幌の会長も選対委員長代行として名を連ねた。

 その連合札幌の会長は昨年10月、公選法違反(買収の約束など)の容疑で道警に逮捕され(逮捕後、会長を辞任)、今月、懲役2年、執行猶予5年の有罪判決を受けた。禁固以上の刑が確定すると連座制が適用され、小林氏は失職するため去就の問題も浮上する。

 小林氏の事務所は22日、読売新聞の取材に「議員本人は『資金提供を知らない』と言っている。詳細が分からず現時点でそれ以上、お答え出来ない」としている。

<官報>両陛下の日程を誤掲載 国立印刷局がミス(毎日新聞)
ハイチ派遣自衛隊が活動開始(産経新聞)
「12年から経営悪化」 鳥取裁判員裁判 会計士が証言(産経新聞)
アパート火災で幼児2人が心肺停止 宮城・名取市(産経新聞)
雑記帳 声優の水樹奈々さんが「新居浜ふるさと観光大使」(毎日新聞)
posted by カジハラ テルオ at 18:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。