2010年05月21日

国民投票法、18日に施行=憲法改正原案、提出可能に―審査会休眠で審議できず(時事通信)

 憲法改正の手続きを定めた国民投票法が18日施行される。これに伴い改正原案の国会提出が可能となる。しかし、原案を審議する衆参両院の憲法審査会は、与野党対立や民主党政権の誕生などの影響で休眠状態が続いている。改正原案が提出されても審議できる環境にないのが実情だ。
 国民投票法は、改憲に積極的だった安倍内閣当時の2007年5月、自民、公明両党の賛成多数で成立した。施行後は衆院100人以上、参院50人以上の賛同で改正原案を国会に提出できる。原案が両院で可決され、改正が発議されると60―180日以内に国民投票が行われ、半数以上の賛成で承認される仕組みだ。
 同法は、成人年齢の18歳への引き下げを前提に、国民投票の有権者を18歳以上の国民と定めた。しかし、民法など関係法令の改正は進んでおらず、当面は20歳以上が対象となる。 

【関連ニュース】
官房長官、18歳成人へ環境整備=国民投票法施行で閣僚

自民とみんな、内閣委員長解任決議案提出へ(産経新聞)
「責任能力問題なし」の鑑定結果を証拠採用 セレブ妻バラバラ控訴審結審、判決は6月22日(産経新聞)
「医療の質」事業への参加団体を募集―厚労省(医療介護CBニュース)
<自民党>参院選マニフェストの原案発表 6月に最終版(毎日新聞)
石川議員も再聴取 地検特捜部(産経新聞)
posted by カジハラ テルオ at 15:51| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月13日

洋ラン 北海道に咲き誇る300株超 千歳・熱帯植物園(毎日新聞)

 今年9月末に閉園するキリンビアパーク千歳・熱帯植物園「トロピカルドーム」(北海道千歳市上長都)で、カトレアやコチョウランなど約300株を超える洋ランが見ごろを迎えた。

 植物園は、ビール業界の中で北海道進出が後発組だったキリンビールが地域への認知度を高めようと87年にオープンした。熱帯植物を年中観賞でき、道民に親しまれてきたが、開園から23年がたち、施設が老朽化。「役割を終えた」として閉園を決めた。

 88年から同社広報担当植物園チームの竹内正昭さん(60)は「ここの花々は自分の子供のようなもの。見られなくなるのは寂しいが、閉園まで大勢の人に楽しんでほしい」と話している。入場無料。月曜日は休み。【平田明浩】

【関連ニュース】
アサヒビール:ハイボールで若者層狙う
キリンビール:ビールテイスト飲料で「休肝日」提案
キリンビール:ビール、発泡酒「第3」同様強化…松沢社長
ビール類出荷量:消費者の「第3」志向強まる 1〜3月
吹石一恵:ビールおいしそうに飲む姿に「好きになっちゃう」 キリン健康プロジェクトイベント

パロマ事故判決 「ヒロ君の死、無駄じゃなかった」 両親会見(産経新聞)
<電気自動車など>電子音を出す車の体験会を開催 東京(毎日新聞)
憲法施行63年 西岡武夫・参院議運委員長「違法状態…極めて遺憾」(産経新聞)
水田に青空と雲、「井仁の棚田」で田植え盛ん(読売新聞)
高齢者住宅の発展目指す事業者団体が発足(医療介護CBニュース)
posted by カジハラ テルオ at 13:56| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。