2010年05月21日

国民投票法、18日に施行=憲法改正原案、提出可能に―審査会休眠で審議できず(時事通信)

 憲法改正の手続きを定めた国民投票法が18日施行される。これに伴い改正原案の国会提出が可能となる。しかし、原案を審議する衆参両院の憲法審査会は、与野党対立や民主党政権の誕生などの影響で休眠状態が続いている。改正原案が提出されても審議できる環境にないのが実情だ。
 国民投票法は、改憲に積極的だった安倍内閣当時の2007年5月、自民、公明両党の賛成多数で成立した。施行後は衆院100人以上、参院50人以上の賛同で改正原案を国会に提出できる。原案が両院で可決され、改正が発議されると60―180日以内に国民投票が行われ、半数以上の賛成で承認される仕組みだ。
 同法は、成人年齢の18歳への引き下げを前提に、国民投票の有権者を18歳以上の国民と定めた。しかし、民法など関係法令の改正は進んでおらず、当面は20歳以上が対象となる。 

【関連ニュース】
官房長官、18歳成人へ環境整備=国民投票法施行で閣僚

自民とみんな、内閣委員長解任決議案提出へ(産経新聞)
「責任能力問題なし」の鑑定結果を証拠採用 セレブ妻バラバラ控訴審結審、判決は6月22日(産経新聞)
「医療の質」事業への参加団体を募集―厚労省(医療介護CBニュース)
<自民党>参院選マニフェストの原案発表 6月に最終版(毎日新聞)
石川議員も再聴取 地検特捜部(産経新聞)
posted by カジハラ テルオ at 15:51| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。