2010年06月18日

鶯谷駅で線路転落の男性救助の男性に感謝状 呼びかけに名乗り出る(産経新聞)

 JR鶯谷駅(東京都台東区根岸)でホームから線路に転落した目の不自由な男性(34)を救助したとして、東京消防庁は17日、さいたま市の会社員、武末慎さん(36)に消防総監感謝状を贈呈した。

 同庁によると、6日午後2時ごろ、鶯谷駅山手線のホームで目の不自由な男性が線路に転落。反対側のホームで娘2人といた武末さんは「ドサッ」という音で転落に気付き、「何とかしなければ」という思いで線路に降りた。

 武末さんは倒れている男性を後ろから抱え上げ、ホーム上の通行人と協力して男性を救出した。男性は左足を骨折したが、命に別状はなかった。ホームでは列車非常停止警報装置が押されており、「怖くはなかった」(武末さん)が、救出後、気が付くと運転手の顔がはっきり確認できるほど電車は迫っていたという。

 武末さんはすぐに立ち去っており、同署が名乗り出てほしいと呼びかけていた。武末さんは会社の同僚から話を聞き、9日に名乗り出た。

 武末さんは「助かってよかった。ほかにも手を貸してくれた人がいたので、みんなで表彰されたものだと思っています」と話した。

【関連記事】
大惨事回避!全盲男性救助したお手柄男性探してます 上野消防署
線路降り?「のぞみ」接触、29歳女性が左手切断 影響1.4万人
池田努に感謝状贈呈、ホーム転落男性救助
【週末に想う】あの勇敢な若者は思慮深かった 小林静雄
危ないからダメ!線路に“珍入者”続出で鉄道関係者困惑
日本のインフラ技術が海外へ飛び出し始めた

山岳遭難事故、過去最多=55歳以上が6割―警察庁(時事通信)
郵便不正事件 村木被告の指示を否定 上村被告初公判(毎日新聞)
「率先して人件費抑制」市長退職金、全額カット(読売新聞)
官僚大バカ→知識と経験生かす…菅さん変心(読売新聞)
男女はねられ1人死亡=殺人容疑で捜査―道警(時事通信)
posted by カジハラ テルオ at 14:14| Comment(19) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。