2010年04月10日

春への道着々 立山黒部アルペンルートで開通準備(産経新聞)

 今月10日の部分開通、17日の全面開通を前に、富山県立山町の立山黒部アルペンルートでは山開きの準備が進んでいる。

 この日、標高2450メートルの室堂周辺の山小屋関係者が小屋開きの準備のために一斉に入山。積雪が15メートル以上の山道を雪上車や徒歩で越え、雪に埋まった山小屋にたどり着いた。ゴールデンウイークには多くの登山客を迎えることになる。

【関連記事】
ブームの一方で遭難も…富士登山“甘く見るな”心得
意外に厳しい「富士登山」 登山者急増、以前にも落石事故
石鎚山でお山開き 「夏」はじまる
富士山山開き 雲間からご来光
残雪の富士山 きょう山開き
「中国内陸部の資源事情とは…?」

名物デザイン「滝と紅葉」のナンバープレート(産経新聞)
<足利事件報告書>虚偽自白の危険性…可視化論議に一石(毎日新聞)
「荒川決壊なら死者3500人」(産経新聞)
神経形成を促進する機能も=温度感知たんぱく質−群馬大大学院(時事通信)
<黄元書記>都内で講演「独裁変えるには中国式が理想」(毎日新聞)
posted by カジハラ テルオ at 01:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。